FC2ブログ

「朝夕安居」鏑木清方

 明治時代の鏑木清方という画家に「朝夕安居」という横長の一幅の絵がある。東の鏑木、西の上村と言われた美人画の名手であった。この画家は明治二十年代の下町の暮らしをこよなく慕った画家で、二十四歳で亡くなった樋口一葉の肖像画はいかにも凜とした佇まいを、「築地明石町」では泉鏡花が絶賛したという粋で優美な美人画を描いている。
 画家が暮らしたのは、今の中央区の湊町四丁目だが、その町名はいまはない。むかし新富駅近い八丁堀で働いていたことがあった。七十一で亡くなった父がこの辺で育ったのかと思うと、ときおりぶらぶらと散歩を楽しんだことがあったのだ。高橋という名の橋の袂に「天壌無窮」という戦時中の石柱があり、海軍中将某の名が刻んであるのを見たことがあった。
 清方がこの絵を描いたのは昭和二十三年だから、東京があらかた焼け野原となった頃である。もう既になくなった明治の平和が瞼の裏に浮かんできたのか、なんということもない下町の生活風景を絵に描いて残しおきたかったのにちがいない。粋と下町の情緒が活きていた頃の事だ。新聞配達の少年が町を駆け、それを待っていたように中年の男が新聞を広げている。赤い花をつけた百日紅のしたで物売りをする屋台とそれを取り巻く娘たち、夕暮に玄関口から夕餉のおかずを求める浴衣姿の婦人がいる。青桐の木陰で戸板を囲んで盥につかる商売女の裸体が艶っぽい。うっすらと夕焼けに染まったひろい空を仰ぎ見て、夕涼みをする老人がいる。朝昼夕の何げない一日の風景が描き止められているだけである。粋があり情のある江戸がその面影を残している、明治の二十年代の下町をこよなく愛惜しんだ画家だ。「築地明石町」の黒染めの美人画は有名だろう。朝は七時から八時に起き、前垂れをしめて神棚に拝み、朝日に向かって手を合す。夕方五時には普通の職人と同様に仕事をやめて、茄子や大根の漬け物、味噌汁と白御飯の夕食という定番の暮らしの日々があった。
 九十三歳まで長生きをした絵描きで、「明治の東京」(岩波文庫)という随筆がある。「上野の戦争」と題した文章からその一部を抜き書きしてみよう。
「私どもの親戚にあたる本阿弥忠敬というのが、やはり隊に加わって、手疵を負って自分の邸へ落ちて来たのを、その母親が押し入れに隠して、調べにきた官軍に応対し、まかり間違ったら息子と共に自殺する覚悟でいたという。その母親というのは、私の家から出た人だそうで、色の白い品のいいおばあさんであったが、よくその人にあうと、この伯母がそんな強い人なのかしらと、芝居の人を生で見るような気がした」
 鎌倉の雪の下に「鏑木清方記念美術館」が昔の家構えそのままに残っているそうだ。暇があったら出かけてみたいものである。



   明治の東京 

プロフィール

masuryuu

Author:masuryuu
仮に「異邦人」としておく。あられもない空想から、科学的「真実」まで、詩、小説、歴史、哲学、政治、経済、趣味等、この世の人事、出来事、万般に、興味を寄せる者の総称とします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード