FC2ブログ

戦後の緊急失業対策

 前回のブログでボクシングの観戦記のようなものを書いた。それである男が話してくれたことを思い出した。面白かったのでここに記し留めておきたい。

 その男は若いころ具志堅用高とか輪島とかのボクシング戦を見ているうち、自分もやりたくなりあるボクシングジムに入門したそうだ。早速、基礎を習い練習中の姿を、ジムの会長が関心をもって見てくれたという。だが会長はすぐにその男に才能がないことを見抜いた。以後まったく無視。男はそれでもジムの隅でシャドウボクシングをやっていたが、とうとうジムをやめた。それから男は平凡は役人となった。最初に配属された係の上司が白井という有名なボクサーを友人に持ち、自分も大学のボクシング部でバンタム級の三年連続のチャンピョンであったというのだ。
 昼時になってもその上司は机から離れることはなかった。
「なにも食べないのですか」と男は上司へ訊いた。
「私は減量に馴れているからね」と答えが返ってきた。
 ある日、二人は現場の公園へ行った。その係は戦後の労働政策で「当分の間」という期限つきの失業対策事業を行う部の一組織であった。仕事は労務管理。部には運転手がいた。その車に乗って労務者が働いている現場へ向かうのだ。男は教えられた通り、公園のベンチに座りそっと新聞をひろげた。新聞には小さな穴が開けられ、そこから「のぞき」と称する仕事をやるのである。公園には必ず箱番という簡単な建物があり、労務者たちが仕事を終えるとその箱番へ帰っていくのだった。平均年齢が60歳代という高齢者の男女たちが、そこで弁当を食べお茶を飲むのだ。上司が時計をみて、
「もうそろそろいいだろう」
と言うと、男は箱番へ入った。物置よりもすこしばかり大きい建物に10人ほどの労務者がいた。裸電球が箱番の中を薄暗く照らしている。
 驚いた男や女の老いたる顔が一斉に男へ注がれるが、木っ端役人のそうした突然の闖入に馴れた彼等は、あまりきれいとはいえない湯飲み茶碗にお茶の色をしたお湯を注いでくれる。そのお茶を男はグイと飲み干し、ひとくさり労務管理のスピーチをやると箱番を出るのだ。戦争直後の労務管理の仕事は戦場から引き揚げてきたまだ若い失業者たちが相手であった。左と右、その中間の政治色を持った幹部等のしたに労働組合が組織され、そうした組合との団体交渉に役所は応じなければならなかった。そうしたことから、この労務管理には柔道、剣道、空手などの猛者がずらりといたという。俗に「新撰組」と呼ばれていた。たぶん上司もその一人として雇われた口だろう。その時代に頻繁にあったストライキの現場の情報を取り国へ報告するにも、顔と腕っ節が必要だった。団体交渉は部課長を中心に行うがこれが一筋縄の交渉ではない。戦争帰りの気の荒い組合員たちはなにをするか分らないのだ。灰皿ぐらい飛ぶのはごく普通で、部長の周りを組合員に取り囲まれることなどもあるので、そのとき部長を助け出すのが新撰組の仕事であった。また相手の労組幹部と裏で通じて事前に情報をとるのは老練な元党員の役割であった。戦後、赤い腰巻きをみるのも嫌いとなった元党員は、男になにくれと教えてくれたが、メモした紙は必ず小さい紙くずにまで手で裁断する。その敏捷な手つきに戦前に官憲の厳しい追及の目を意識した活動の名残を男はみてとった。部長が近くへくると自分の机の上に短い両足を乗せて反抗の姿勢を誇示するのも昔の反権力の姿勢である。戦前なら風呂で背中を同じ党員に流させたほどの位置にいた強者であったのだろう。戦争が終わり大勢が船で帰国の途中、さんざんに威張り腐った元上官などは、可愛そうに夜の甲板からみなでつまみだし、海へ投げ込んでやったと嘯いていたのには、男は一驚した。だが失業対策の労務者には実にやさしい老人であった。目の前で机に足を乗せられても、咳払いぐらいはした部長もこの老人には一目おかざる得なかったのである。
 だが歳月が経つにつれて皆等し並みに歳をとっていった。男がその係についたときは、労務者の人数は激減し、石ころにけつまづくほど歳をとった労務者ばかりになっていたそうだ。そして、やがてこの失業対策部が高齢者対策部と名称を変えて、いまの全国シルバー人材センターが産声を上げることになった歴史を知るものは少ない。確実に迎える高齢化社会にいかに有効な労働施策を打つかが問われていたのだ。労働形態に雇用ではなく請負を使ったこの手法は後に、派遣労働法の考案に再利用され、ここから多数の非正規労働者と労働組合の弱体化へと現在の労働市場の流れができたというのは男の推論であった。
 とまれ、男の上司は職場では誰ともなく「ボクサー」という渾名で呼ばれていた。ボクサーが昼飯を抜くのは晩酌をうまく飲みたいからだという者もいた。帰ると奥さんが三つ指をついて玄関で出迎えてくれるらしい。兄は医者の家業を継ぎ、弟の上司は白井からプロになれと誘われたらしいが、役人になった。男がS事務でボクシングをすこしやったというと屋上で、ほんのちょっと手ほどきをしてくれた。おれの腕を触ってみろと言うので、男が触ると豆腐のように柔らかい。「これがボクシングの筋肉だ。柔らかい筋肉でないと瞬発力がでないのだ」と、殴られたせいでか明瞭に声がでない顎を動かしてそう言った。家柄のせいか上司はいい人柄だった。でもこんなエピソードを本人から聞いたことがある。アルコールを飲んで駅から家への階段を降りてきたところを、数人の愚連隊に因縁をつけられことがあったらしい。面倒くさいから、一人一発づつお見舞いをしたというのだ。一瞬で完膚なきまでのされた愚連隊に、こんどは物陰にひそみ待ち伏せをされて、棍棒でしたたかに頭を殴られてしまったと笑っていた。また、酔っ払って国鉄の線路をふらふらと歩いていたことがあったというのだ。電車が前方からやってきた。偶然に一番前に乗っていた兄があれは弟の奴だと気づいたという。電車はブレーキをかけ警笛を鳴らしたまま線路を歩いていた弟にぶつかった。だが上司は電車の正面にぶつかる寸前に、体を躱していたそうだ。男がその話しを冗談とはおもわなかったのは、男が役所の扉を猛烈な勢いで押し開いたことがあった。その扉の向こうに上司の顔を見て「しまった!」と思った瞬間、上司は素早い動作で数歩うしろね身を退いていた。上司の両腕は自然にボクシングスタイルになっていたそうだ。それから男は後楽園ジムで4ランウンドの大学対抗のボクシングの観戦券を貰って観に行ったことがあった。リングに白いレフリー姿で立っている上司をみた。役所では「ボクサー」と渾名された冴えない上司はそこでは、凜としたレフリー姿の犯しようのない威厳を放って、リングの上で歯切れのいい審判の采配をふるっていたという。




プロフィール

masuryuu

Author:masuryuu
仮に「異邦人」としておく。あられもない空想から、科学的「真実」まで、詩、小説、歴史、哲学、政治、経済、趣味等、この世の人事、出来事、万般に、興味を寄せる者の総称とします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード