FC2ブログ

詩集「弧塔」「海の賦」「カモメ」から(3)

 交 感

白い鳩が
 夕陽を斬って翔ぶ さわさわと さわさわと
噴泉は
 優しい嗟嘆にくずれおちる
濡れた瞳よ
 静かな埋葬の歌を唄え
重い霧が空をつつみ
 夜は重なりあって眠る
星たちが
 無言のことばを交わしはじめた


 冬の蝶

二月の雨は蝶の羽根の上に降る
弧塔よ
わが記憶の棲家より
君の未知の肉体に燃える
命の火箭よ

夢は捕らえようとすれば
     こと切れるのだ
野性の棕櫚さえ
鳴り響む南国の海の願いを抗いは
しなかったのに

美よ
獅士の硬い鬣が流す金色の涙よ
憩うべき棘ふかい薔薇の繁みに眠る
おお! 思い出
    切り落とされた首


 向日葵

おまえは
太陽をみつめすぎたため
大きな瞳のなかで
滅んでいく

時間に渇き
時間に飽き
黄金の夢に憑かれた
おまえの咽喉は
棒のように朽ちてしまった

茜い夕べの雲よ
遠い湖の
つめたい風を送れよ

燃える影のなか
緑滴る

おまえの夏は
銃剣のように
おまえの背中に突き刺さったままだ


 酒 杯

人生は誰も読むことのない詩集のようだ
行開けの柵(しがらみ)を散歩する
それは他人の空似

人生は宛先のない手紙のようなわたしの恋人だ
ただ幻のみ慕わしくて だれひとり弔うもののない
夜とぎのよう

ああ むかしのわたしの愛する人につげてください
おまえがわたしから去ったとき
わたしはわたしを棄てたのだと

神様 どうか死の床には わたしの愛人を呼んでください
雨の夜の庭に 餌をやる猫はまだ来ているのかと

人生は深い河
停まったままに 流れることもなく
暗い思いのみ渦まいて
一盃の酒杯には誰の顔も映ることはない


 パウル・ツエランの墓

  ―花を埋葬せよ そして人を墓の上に添えよ

あなたが横たわる雪のベッド
あなたが飲む朝の黒いミルク

硬直した青銅の天使たちが
地面に顔を埋めた者たちを起こして
その頭蓋をひとつひとつ銃で撃ちぬく

死者の瞼を殺ぐ屠殺者の鋼の爪
薔薇はその傷口を曝したまま
眼は恐怖に瞠かれる
蛾は白い卵を産みつける
裂かれた声 砕かれた顎の奥深くに

雪のベッド 黒いミルク
夜に飲み 昼に飲む 朝に
1970年4月 彼が飛び込んだセーヌの水
消えない 暗い水音
動かない 青い空





プロフィール

masuryuu

Author:masuryuu
仮に「異邦人」としておく。あられもない空想から、科学的「真実」まで、詩、小説、歴史、哲学、政治、経済、趣味等、この世の人事、出来事、万般に、興味を寄せる者の総称とします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード