FC2ブログ

画家バルテュス

画家バルティス 画家バルテュス

 その展覧会はいまでも鮮明に憶えている。東京駅内のギャラリー会場は赤レンガの壁が剥きだしのままに、そこに画家の絵が吊されていた。一枚、また一枚と見ていくうちに、私の立っている現実は画家の夢の世界からの侵犯うけ、不可思議な通路をとおり、画家の夢の空間へと飛翔していくようであった。それがいかなる異次元かは知られないまま、遠くかつ近いその「異界」は、どこかで触知したような既視感を私にもたらした。その空間は余りに閑寂でもあり、不思議な浮遊感に不安を覚えながらも「美」の悦楽に酔うようでもあった。そして最後の大版な風景画には、離れがたい魅惑があり、それがどこから来るものかと、長いあいだタブローを凝視していた記憶がある。1993年の晩秋のことであった。
 私はあの煉瓦造りのギャラリーで、その最も深い意味で幻惑され、衝撃的な感動をうけた画家の正体がその後も気になっていた。あの詩人のランボーが「断じて現代人でなければならない」と言った、文字通りの絵画芸術を目にして二の句が告げなかったのだ。「危険」というような形容では済まない、永遠なる深淵を窺わせる奇怪な美しさが、静かにじわじわと迫り、その魔的な幻術に脳天をえぐられ、目眩に襲われつつ、展覧会場の東京駅を出るときは、昏倒するのではないかと畏怖にちかい思いを懐いた。
 
 バルタザール・ミシェル・クロソウスキー・ド・ローラ伯爵、通称バルテュスと呼ばれるこの寡黙にして狷介な画家は、ポーランドの恵まれた両親の次男(兄のピエール・クロソウスキーは「ロベルトは今夜」の著者、母親と詩人リルケの隠し子と言われ、独特な絵を描く鋭く難解な評論家として知られる)として、11歳にしてリルケの推挽で詩人の序文を得て、愛猫を失った物語を描いた「ミツ」という絵本を世に出している。
 独学でイタリアのフレスコ画家のピエロ・デッラ・フランチャカの「キリストの復活」に近代のピカソを発見して盛んに模写したという。独自の道を行くこの画家にピカソも秘やかなる親愛を寄せ、詩人のルネ・シャール、狂詩人のアルトナン・アルトー、小説家のアルベルト・カミユ、サン・テクジェペリ、ジャコメッティと交友し、画家のボナールやマテュスとも交わり、数枚のデッサンと交換して購入した旧い城の館には、俳優のリチャード・ギア、シャーロン・ストーン等の訪問をうけたという。二番目の妻であり着物の似合う日本人の節子夫人は、マルロー文化相を介して出会い、一人娘がいる。
 渋澤龍彦により「危険な伝統主義者」とのレッテルを与えられたこの画家は、その後、スキャンダラスな日本の写真家と共にテレビで紹介されていたが、絵のほかに語るすべはないとの寡黙にして東洋的な隠遁精神の貴族的な体現者とし、見者の趣きをもった画家の真実の姿は、神秘のヴェールに包まれたままであったといえよう。
 光をこよなく愛する画家へ、カミユは「春を創造するあなたへ、私の冬の作品を送ります」と「転落」を贈られた画家は不吉な予感を懐いてから、そう時の経たぬうちに、ノーベル文学賞作家・アルベルト・カミユは不可解な自動車事故で他界した。
 1908年閏年、2月29日(魚座)に生まれた画家は、4年に一度誕生日を祝い、21世紀の初頭2月19日に逝去した。享年92歳。20世紀を横断した稀代なこの具象画家を特集して、6月「芸術新潮」は追悼特集を出している。画家がその生活をこよなく愛した”グラン・シャレ”には、画家が好んだ映画「座頭市」の勝新太郎が訪問すると、目を悪くして黒メガネをかけ、杖をついていた画家は、勝新太郎へ座頭市の真似をしたという逸話が残っている。 
 だが今回、「バルティス、自身を語る」なる本が訳出され熟読したが、私がここでなにかを語っても語り尽くせないことは、火を見るよりも明らかであろう。画家のインタビユーをまとめた本書から、その107の断章のほんの一部の転載を行うので、各自が自身の画家像を想像したほうがよいに決まっている。

                              $$$

①ここでイタリアのフレスコ画家たちに戻ろうではないか。彼らの知恵、時間をかけた忍耐、職業への愛、絵を描きながら美に到達するという確信に。そのやり方はジャコメッティにとってつねに人間の、その神秘のもっとも 近くに行くことでした。数本の線だけで顔は人の心を打つものになり、姿勢は深い感銘を与えるものになりました。そこに彼は人生を、すべての人生を集めきっていました。それが理由で私はデッサンが好きでした。
 絵に描かなければならないことは、ボナールやセザンヌをとおし、またリルケの書いたこともよくわかっていました。それは目に見えないと同時に目に見えるこの世界、現実と夢がついに接して私たちをはるか遠くへ連れていくこの場所です。
②何もないところから世界をつくり直すのではなく、しかし、先人たちの無尽蔵の遺贈品を大切にして読み、聞いて、別の形でそれを演奏することが重要でした。
③芸術が大衆化し、したがって俗化し、無知な芸術家はおこがましくも自分が創造者だと思っている。創造者とは、もし私がきちんと理解していれば、神その人です・・・・。
④すべてが一点に集まり、共鳴しています。若い時代につかむべきは、手つかずのまま震えるように輝く、世界のこの無限の美しさしかありません。
⑤絵を描くことは私にとって中国と、「宇宙のすべて」に到達することです。なぜなら、そこで出会う山々もまた底知れぬ井戸だから。
⑥ジャコメッティの死に際して・・・私はこういう秘密のきざしを信じます。とても遠くから来るこれらの呼びかけ、運命的な偶然の一致を信じます。なぜなら、私たちを目に見えないものに結びつけえてくれるからです。目に見えないものはあるのです。
⑦絵を描くとは精神が肉体化された何かであり、同時に肉体が精神化された何かです。身体を通して魂に到達することです。しかしそう主張できるのはまず、絵を描くことで生じる素晴らしい歓喜を知っている者だけです。画布に手を置いたとき、顔料を準備して、画布の張りに気を配り、色なかに入りこむときの歓喜・・・・。
⑧画家はつねに鋭い視線でものを見ます。重要なことは実際に目に見えるものより遠くへ行くこと、しかしこの「 より遠く」は現実のなかにすでにあります。そういう研ぎ澄ました視線を持たなければなりません。
⑨私はセザンヌを具象だけの画家とは見ていません。彼はものを単純に見せる力で本質に、モチーフの内面の強い線に到達している。自然の模写とはまったく別物です。いっとき、抽象画家たちが時代の先駆者のように横暴に振る舞っていたけれど、彼らはセザンヌが最初に行った抽象と具象の合成を理解しようともしませんでした。私がセザンヌを素晴らしいと思うのは、深い数学的な法則で世界を新たに創り出し、それでいてこの分野で進んでいた先人たちを忘れなかったところです。たとえばピエロ・デッラ・フアランテェスカを見て下さい。彼は構造的にこうすれば抽象になることをすでに理解していた。内面の錬金術です。画家はもっと謙虚で控え目にならなければなりません・・・・。
⑩バイロンや「嵐が丘」の猛々しい主人公のように、私は光と蔭のなかに純粋な自然の跡を探しているのです。
⑪なぜなら、すべてを構成するのは空気であり、そういう目に見えず震えるものを絵に描かなければならず、絵が絵であるためには空気をとれえなければならないからです。空気と光はいたるところで、斜めから正面から、目に見えない重みを感じさせています。そしてそれはあるときはドランの全身像になり、あるときは「蛾」の熱に浮かされたような、悲壮で危なっかしい飛翔になる。絵をつくっているのはこの反射する空気と光であり、じつはそれがおもな主題なのです・・・・。
⑫老いて子供に逆戻りしない最良の方法は、そのまま子供に留まっていることです。日々と光の動きの驚きをできるだけ長く持ちつづける。
⑬何一つ絵画的なこつや習慣であってはいけません。しかし水源であり始まりでなければならない。絵を描くとは、毎日水源まで行き、水を汲むことです。水、つまり光。
⑭私は自分の探求と義務をそこに、子供時代に知った色彩の道に置きました。それを保存し、絶えず近くにいることの必要性はいくら言っても足りません。モーツアルトの鈴のような旋律のなかに居つづける。本来の色とは目に見える形の先へ行くための通り道、横断する道なのです。
⑮絵を描くことに近づくこと。ある光に。神の光に。
⑯絵を描くことは自分自身から抜け出すことです。自分を忘れ、何より無名でいることを好み、ときには危険をおかしてもその時代や身近な人たちと協調しないことです。流行に抵抗し、自分にとってよいと思うことには何が何でも固執しなければなりません。
⑰私の人生の最良であり要なのは、絵との穏やかでひそやかで、直観的な関係です。見えないものに向かっての努力。画家が要求されるこの労苦。
⑱画家はイメージを謙虚に手渡す人でしかありません。段階を経てイメージをつかむことを知っている、従順な職人でしかない。それこそが画家の任務。それこそ画家が成就するもの。



baruthisu girl バルテュス夫婦
ピカソとバルテュス スカーフを持つ裸婦
バルテュス風景2 風景

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masuryuu

Author:masuryuu
仮に「異邦人」としておく。あられもない空想から、科学的「真実」まで、詩、小説、歴史、哲学、政治、経済、趣味等、この世の人事、出来事、万般に、興味を寄せる者の総称とします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード