FC2ブログ

花に寄せる

 さよなら ピーちゃん



青いインコが死んだ
ひっそりと
朝の籠の隅で

チクショウと
つぶやくと
チクショウとまねていた

奴もすこしバテ気味だった
春の大地震の後
暑い夏がつづいて

賑やかな歌番組が好きだった
ぴーぴーとよく合唱していた
それもいつしか聞かなくなった

白い瞼を半分とじて
十月の朝の青い空へ
きっとひとりで 飛び去ったのだ

冷たい羽根を傘のようにたたみ
硬い奴の屍体は
花の棺に綺麗に納まった

主人のいない籠だけが
部屋の隅に残った
黒い鉄格子の牢屋のように

一匹の小鳥にむかって
なぜだか わからないけど
あたしはじめて 泣いたみたい


 


花に寄せる22



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masuryuu

Author:masuryuu
仮に「異邦人」としておく。あられもない空想から、科学的「真実」まで、詩、小説、歴史、哲学、政治、経済、趣味等、この世の人事、出来事、万般に、興味を寄せる者の総称とします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード