FC2ブログ

映画「一命」

 この映画は、以前の小林秀樹監督の「切腹」のリメイク版だ。話しの筋立てやテーマに変化はない。時代の趨勢から生活に窮迫した武士達に一時流行病のごとく模倣された狂言切腹の場面をより生々しくしたこと、叔父の復讐行為を真剣の替わりに、竹刀にしたことが目立つ変化点だ。だが二点のリメイクを積極的に評価するにはことはできないだろう。むしろ、この二箇所をリメイクした蕪雑な無神経さ故に、原作映画の効果を損ねてしまったように見える。叔父の真剣を竹刀にする必然性は、滑稽でさえあれ現実から映画を拙い漫画に貶めてしまったのではないか。数十人の敵の刃を竹刀で凌ぐことは、どれだけ体捌きの名人にもまず無理であることは余りに知れたことだ。「スーパーマンみたいね」と映画を見終わった女性客が連れの男に言っていた。一女性の口からとはいえ、この一言でこの映画のリアリティーの化けの皮ははがされてしまったも同然だろう。
 言うまでもないことではあるが、時代劇映画の見せ場は、真剣による斬り合いシーンにあるのは明白だ。こんなことは黒沢はもとより、山田洋次監督さえ周知のことだ。黒沢のエンターテイメント映画の「椿三十郎」では血しぶきを上げる最後の決闘が、印象的な名場面となった。
 ここで時代劇映画の斬り合いにこだわってみることにしよう。居合の長い経験者でも、なかなか、あの場面を分解することに手間取るほどなのである。
 三船の演ずる椿三十郎が仲代の演ずる相手を、瞬時の一刀で倒す場面は、手練れの殺陣師による相当な工夫があったと推測できる。決闘の両者が睨み合う距離は、おそろしく近間なのだ。 二人とも相当なる剣の使い手である。柄頭の打撃で処理できる相手ではない。三船の右腕がすこしづつ袖口から出てくるが、左腰に差した刀の柄までの距離は遠い。柄を取る間に、近間の仲代が抜き放つ刃の一撃の方が断然に有利だと推察される。居合いはいかに相手の眼を欺すかにある。三船が右腕を動かしたのは、相手の注意を誘い三船の襲撃の型を予め示してやりたかったのだ。先の後をとる居合は心理戦なのである。これで仲代の攻撃の裏をかく用意はできたも同然になった。まさか三船の反対側にある左手がすぐ間近にある左腰の柄を、手を返さずに(それでは手間がかかり、しかも仲代に見抜かれる恐れがある)そのまま抜き上げ、同時に仲代の右懐に入り身することで、三船の身体は仲代の攻撃から逃れることが可能となる。三船の抜き上げた刀身の刃先は、入り身した身体と共に仲代の腹へ食い込んだはずである。右手は開く手間もはぶいて素早くこの刀身の峰へ拳のまま圧力を加えてやるだけの動作で、左手で取った刃の動線に沿って力を入れつづければいい。
 剣は元来左手を使って斬るという基本からすれば、これほどこの基本に忠実な捌き方はないともいえるだろう。仲代の胸から血しぶきが吹き上がる。ここは映画の見せ場を誇張するための人工的な工夫のやりすぎだが、このぐらいは仕方はないだろう。だが、右手の拳の力により、刃先は仲代の腹深く、心臓に達していても不自然でないともいえるのだ。三船の身体が切り裂いた仲代の横に移動しているのを、また、柄を握った左手の形を、画面に映る右手の拳を、よく見ている者からすれば、一秒足らずの三船の攻撃が、じつに「武道的思考」(内田樹著)に添い、いかに無駄のない合理的な運動であるかが、分かるはずなのだ。
 だいぶ、映画「一命」から逸れてしまったが、ここまで見えなければ、斬り合いを見せ場とする時代劇映画を観たとはいえないのではないだろうか。NHKの日曜夕方に始まった「塚原朴伝」に惹かれるのはこの辺りにあるはずだ。
 映画「一命」の佳いところを上げれば、若い夫婦の細やかな情趣を歌舞伎の世話物のごとく、よく撮っていることであろうか。一言添えておきたいのは、歌舞伎俳優の発声は独特の間があり、映画やテレビではどこか浮いてしまう感が否めないのではないか。とにもかくにも、この映画の監督が「一命」と題名を変えたのは、この点賢明であったと思う。命には男女も大人子供の差異はどこにもないからである。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masuryuu

Author:masuryuu
仮に「異邦人」としておく。あられもない空想から、科学的「真実」まで、詩、小説、歴史、哲学、政治、経済、趣味等、この世の人事、出来事、万般に、興味を寄せる者の総称とします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード