FC2ブログ

詩2篇

     ビアク島残照

  
   ビアク

   それはインドネシア
   パプアニューギニア西側
   イリアンジャヤの沖の浮かぶ
   小さな島

   巨大で辺鄙な空港から
   朝焼けの空につづく
   一筋の径を走り
   静かに光る星の下
   暗い村となだらなか丘を越えて
   眠る子どもの夢のように
   どこまでも広がる
    夜明けの空の彼方に ある

   それは赤いブーゲンビリアと
   椰子の葉陰に憩う
   緑の南の島

   やさしい海風は
   夕暮れのテラスを吹きぬける
   食卓に固いパンと簡素な料理
   使用人は闇の衣をまとい
   客人の背後に佇んでいる
   いつ果てるともない食事を
    ああ その犬のような従順さ

   ホテルのまえにひろがる
   遠浅のリーフは
   ゆったりと波に揺られ
   珊瑚に戯れる魚たち
    おお その沈黙の饗宴

   突堤では
   肋骨を透かした犬が徘徊し 
   日がな一日 島人は
   藍色の海へ
   釣り糸を投げては引く
   ときに ズボンを穿いたまま
   永遠という鏡の淵へ飛び込むため

   そのときぼくたちは潜る
   金色の水の光りを浴び
   愛に渇いた恋人のように

   失われた海をもとめて

   遠い沖にしたたる星 天の穴へ
   そのときぼくたちは踊る 
   レゲェに酔いしれ
   バリハイを飲み干し
   腰にホカテをつけた 戦士のように

   そのとき 夜の女王
    銀の月は 闇に白刃を光らせる

   ビアク

   あれは真っ裸の少年 スタンリーの
   無垢な微笑に閃く白い歯
   小さな黒いちんぽの
   幸福な島
                     (1999年9月)


※太平洋戦争時ビアク島は「絶対国防圏」にあったが、昭和19年5月27日、大部隊の上陸により、日本の最初の要衝はここに破れた。





       カシニョールの女たち

   鍔広の帽子の陰に 青い海がのぞく
   おお 清楚な衣装につつまれた妖精の花々

   切れ長のさ緑の眸が 見つめるものは
   あなたではもちろんない

   つかのま消えゆく夢のような明るい風が
   つぶらな含羞の瞳に はや気怠い午前の翳 を沈ませ
   風景の装飾 痩身の女は
   いま光のトルソー 水の五線譜

   透明で無性のセクスは
   甘美な植物の睡りをまどろんでいる

   ジャン・ピエール・カシニョールの庭の
   メランコリーの窓辺にたたずむ
   それは遠い「美」の面影にすぎない



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masuryuu

Author:masuryuu
仮に「異邦人」としておく。あられもない空想から、科学的「真実」まで、詩、小説、歴史、哲学、政治、経済、趣味等、この世の人事、出来事、万般に、興味を寄せる者の総称とします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード