FC2ブログ

「ブエノスアイレスの熱狂」ホルヘ・ルイス・ボルヘス

 一度、この目で見たいと思いながら、まだ、残念ながらその思いを遂げていない。誤解をされないうちに言っておかなければならないが、南米のパリとも言われる、アルゼンチンの美しい首都、ブエノスアイレスのことである。一時、わたしはアルゼンチン・タンゴに魅せられたことがあったのだ。その類いの映画を何本見たことだろう。最高度にエロティックな踊りに、もちろん、胸は高鳴り、血は躍動したとは言うも愚かだろう。
 だが、私に訴えたのは官能だけではなかった。最高級に洗練された知性と感覚の人がいたのだ。知る人ぞ知る、ここで生まれた盲目の作家、ホルヘ・ルイス・ボルヘスである。彼が書いた「ブエノスアイレスの熱狂」という一冊のアンソロジー以来、わたしはボスヘス文学のファンになったのだ。図書館に勤務しあらゆる書物を渉猟し、ついに失明したボルヘスは、その該博な知識と数カ国にわたる語学力で、世界の文学に通じていたが、なによりも一人の完璧な詩人であったのだ。この本から「タンゴの歴史」を読めば、「ブエノスアイレスの黄昏とその夜を経験した者でなければ、タンゴは作曲できない。なぜならアルゼンチンの空には、タンゴのプラトン的なイデアが、その普遍的な形式が秘められているからだ」と記すボスヘスは、その知的な好奇心は古今の森羅万象に及び、この世界を一冊の書物に収斂することを夢にみた稀代な詩人なのであった。一度、日本に来たことがあったが、わたしに葉書をくれた作家の辻邦生氏によると、大勢の日本の作家が押し寄せて、ホテルの広いロビーは人で溢れ、部屋の空気が吸えなくなるくらいであったという。ボルヘスの作品は非常に短いものだが、その100行、いや30行ほどの文章を読解し、味読するには優に一日を要するのである。
 さて、明日の早朝、オリンピックの招致先が決定されるそうだ。2020年のオリンピックである。総理大臣や都知事等が現地で、なにやらロビー活動に慌ただしいらしいが、このわたしが現地へ行くだけで楽勝するのではと密かに思っているのだ。それというのも、このわたしの誕生日が、S.22年2月20日だからだ。こんな験のいい数字をもっている男はざらにはいないのでなないか。まあ数人は日本にいるだろうが、探し出して、現地へ派遣すべきだと思わないものだろうか。因みに魚座は変人、奇人も多いらしいが天才も多いのである。わたしの知っているところでは、歌人の石川啄木、小説家の志賀直哉、アントニオ猪木、喜劇俳優の志村けんなんかがそうらしい。
 人間も経済も元気が第一である。大概の妻たちが「亭主は元気で留守がいい」と、心でつぶやいているらしいが、そして、偏奇な芸術家は鬱を愛するらしいけれど、総じて人々は鬱より躁の気分が好きなのにちがいない。作家で精神科医であった故北杜夫氏が書いた「ドクトル・マンボウ航海記」の躁たる面白さに、危うく学校を卒業し損ねた苦い思いは、いまも悪夢になって苦しめるほどなのだ。
 メガ視聴率のテレビ番組「半沢直樹」の「倍返し」に、胸のすくおもいをしているのは、バブル経済時代に社会へでた世代にちがいない。その後の「失われた20年、30年」の、彼等の閉塞感はいまや爆発寸前であり、いまかと、その軛から解放される日を待ちかねているのだ。先日、家の茶の間で、原作者と同じメガバンクの若い社員が、「上司へ倍返しだ!」と息巻いていたのが、なんともおかしかしく痛快であった。ついでに、朝の連続ドラマ「あまちゃん」は、この日本列島がいかに都市化の高波によって荒蕪の地と化さそうが、スマートだけの上面の軽薄に馴致されようとしない「内なる自然」の頑健さを証立てているように思われる。
 バブル時代のマスメディア等における下品なご乱行は二度とみたくはないが、映画「アメリカン・ビュティー」の入浴中の女性の肌に匂い立つ、石けんの泡ぐらいを夢みる自由は、誰にも邪魔されたくはないものだ。
 オリンピックが2020年に東京へ来たとしても、いまから7年後のそのとき、わたしは元気でいるだろうか。いやわたし独りではアルゼンチン・タンゴに秘められた「闘争」と「祝祭」にも似た、巨大な祭典の円舞を見物するには、もう一人の親しくやさしい、大きな影のようなものが必要なように思われてならない。



     ブエノスアイレス (1)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masuryuu

Author:masuryuu
仮に「異邦人」としておく。あられもない空想から、科学的「真実」まで、詩、小説、歴史、哲学、政治、経済、趣味等、この世の人事、出来事、万般に、興味を寄せる者の総称とします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード