FC2ブログ

文芸批評家の想像力(加藤典洋の場合)

  以前に小説家の想像力について述べてことがあります。今回は、この小説家とその作品を主に論じる文芸批評家という人達へ焦点を当てることにします。彼等も作家と異なる方法から想像力により文章を書いているのでしょう。では彼等は一体どういう存在なのでありましょうか。江藤淳という批評家は「小林秀雄」を論じた批評文の冒頭で自分へこうした疑問を放っています。江藤淳は小林氏が「自覚的な」批評家であると指摘します。自覚的とは自分の仕事を「自身の存在の問題として意識している」ということだそうです。江藤氏が批評家を論じるにはまずこの了解の一歩が必用だった。一般的に批評家の想像力はここを起点に始まるのですが、特に小林氏を論ずる場合は、ここに焦点をあてる必用を感じたのでしょう。
 詩人も作家も画家も、それなりにすぐれた仕事をする人には、その人の側には必ず影のごとく立っているのがこの「自覚的」という意識であります。なぜなら、創造的な仕事というものは、この影との内的な対話を通じて現れるからです。文芸批評家が働かす想像力は、作家や作品だけではないのですが、作家を論じる場合には作家自身の内的な対話から、あたかも医者が手術に際して患者の身体にメスを入れるように、その作品なり作家の内部にわけいることから、彼と作品を見ます。場合によっては麻酔薬を注射して作品を仮死体にして、そのからだを解剖することで、作品を内側から照射して新たによみがえらせることさえ行います。江藤淳の「成熟と喪失」は60年代の一連の作家の作品にそうした方法で、鮮やかな光りをあてたと言えるでしょう。
 或いはまた、こうした方法を拒否して作品というテクストを作者から切り離して、「エクリチュール」(ロラン・バルト)という独特な言葉を使い、「テクスト」に基づいて想像力を行使することでの批評を展開した例もありました。バルトは日本に来て「表徴の帝国」という日本論も書いて、華麗な批評活動を展開したのです。
 日本の加藤典洋という批評家は、「敗戦後論」で日本の戦後を論じました。敗戦の前後に日本の根幹に関わる問題をみたからです。こうした一連の日本の戦後論を、「戦後入門」としてまとめた一書を最近に刊行しています。また「村上春樹は難しい」という新書を出しています。この批評家が村上春樹に注目したのは、戦後間近に中村光夫が「占領下の文学」で当時の文学を論じたように、「高度経済成長下の文学」として村上春樹のデビュー作「風の歌を聴け」の新しさを評価したからです。気分がよくてどこが悪いというメッセージをこの小説に看取したからだと加藤自身が述べています。この批評家の想像力は右を見るときに、左も同時見る複眼性とこれらを反転させる手法に特色があります。加藤氏はカフカの「世界と私との戦いでは世界を支援せよ」というフレーズに惹かれているのですが、このカフカ独特の二重性とその逆転は、そのまま加藤の「敗戦後論」の批評の想像力に援用されています。氏はあるところでエドガワ・ア・ランポーの短編「ヴァルドマアル氏の病歴の真相」の異常な結末に快感を覚えたことを告白しています。このポーの短編は死の瞬間に催眠術をかけられ、そのまま生と死とあいだに宙づりになっていた仮死体が催眠術を解かれた瞬間に、みるみると異臭を放って腐敗していくのですが、このところにえもいわれぬ快感を覚えたと述べています。長い詩なので引用はできませんが、金子光晴の詩に「大腐乱頌」という作品があります。あの詩も加藤と同じ快感を詠ったものかも知れません。腐敗は特段に負のイメージだけではない。腐敗することにより物質はその隠れた味覚を引き出されるプラスの面もあるのです。人間は歳を重ねて成長していきますが、ある時点から老化に向かいます。現在、日本人の大多数の高齢者はそうした経験をしています。そのことを自覚的に書いた最初の小説は谷崎の「鍵」や「瘋癲老人日記」でしょうか。加藤典洋という批評家の想像力はポーの短編やカフカのフレーズに牽引されています。それと同質の想像力から、日本の敗戦とその後の成長という歴史的経験を探ろうとしました。1995年の「敗戦後論」は(それ以前の著書「アメリカの影」もそうです)、明治維新から120年を経た日本の近代が敗戦により一旦死んだ状態から戦後が始まったのですが、日本人がその戦争における内外の死者を正式に弔うこともできないままに戦後50年を生きてしまった。特に、戦勝国のアメリカとの関係にいろいろな問題を指摘しています。
 ここですこし横道にそれますが、あのカフカの「変身」は日常の中の異常と同次元での異常の中の日常を書いています。セールスマンをしていた家族の一員が、ある朝気懸かりな夢から起きてみると、自分が巨大な毒虫に「変わり身」(多和田葉子の翻訳はカフカの作品理解に寄与してくれます)をしていることを発見する。しかしこの男はその朝も会社へ出かけようとするのだが巨大な虫になってしまった身体は以前のように自由に動いてくれず、自分の部屋から出ることもできません。このグロテスクな光景を家族がそして会社の上司も知ってしまい、一騒ぎになるといういわゆる変身譚の小説です。ただカフカのこの小説は単に読者の意表をついただけなら、この小説が同時代に異彩を放つことはなかったのです。そのような物語はたくさんにあったのですから。カフカの文学の独自性は、それが日常の時間性を特別に変化させることもなく進行するところにあるのです。これはフッサールという哲学者が現象学で行ったことに対応するでしょう。カフカは自分が書いたこの小説を妹たちに朗読したところ、妹たちは大層笑ったそうであります。
 加藤氏に話しを戻せば、死んだはずの日本が、ポーの短編のように催眠術にかけられ仮死体となり、氏はその腐臭を、神戸淡路大地震と地下鉄サリン事件が起こる以前から嗅いでいたことを、あの評論は表現していたかのようです。そしてそこから、カフカの「変身」の主人公グレゴリー・ザムザが自身の身体のねじれに抵抗するように、日本というねじれた身体へ投影し、このままでは腐臭を発しつづける仮死体の日本の異常性を、新たな場所から出発させることはできないと考えます。そして憲法9条を改正する提言を行っています。なかなか大胆な意見だと思いますが、もちろん異論がないわけではありません。それは国連中心的な政治姿勢にあるでしょう。現在の国連が多くの国民国家の混乱に対処できずに機能不全に陥っていることは明白です。ところで、この国連の発想は(現在の欧州共同体もそうですが)、フランス的な知性を代表するつぎに紹介する人物にその一端を負っています。
 ポール・ヴァレリーという哲学的な批評家は文学一般から目を背け、海辺に落ちている貝殻という自然物についての、精密かつ精妙なる「人と貝殻」のようなエッセイを書いています。この二十世紀の知の巨人の想像力は、自然が創りだしたえもいえない完璧な美的作品に透徹した知的な想像力を働かせます。「一体誰がこれを作ったのか」と。この素朴の疑問は芸術の制作物へと広く深く浸透していくのですが、斉藤磯雄の日本語譯の努力にもかかわらず、その文章の理解には難解なものがあります。ここでヴァレリー自身のことばを一個の貝殻を机上に置いてみるようにしかこのエッセイを紹介することはできないのが残念です。この写真の貝殻は伊豆のある温泉で食卓にでたばい貝ですが、私はそれを家に持ち帰り写生しながらその自然の形と文様に驚嘆してしまいました。ヴァレリーの文章は一個の貝殻を模写する画家の筆が執拗にたどるその線や陰影のごとくに、繊細にして強靱であります。いったい人間に何ができるのかと呟く、ヴァレリーの若き日の作品「テスト氏」が、一切の曖昧なものを拒絶する身振りをそれは思い出させます。件のエッセイの一部を引用することでひとまず、「テスト氏」のあの孤独な部屋から足音も立てずに引き下がる語り手のように、わたしもこの場から退場することにいたしましょう。

 「貝殻の問題はささやかなものながら、こうしたことのすべてをかなりうまく例示し、わたしたちの限界を照らし出すのに十分である。人間がこの物体の作者ではなく、偶然がこの物体に責任をとるわけではないので、わたしたちが『生きた自然』と名づけたものを、きちんと発明する必要がある。『生きた自然』の仕事とわたしたちの仕事との差異によって、かろうじてわたしたちは『生きた自然』を定義できる。だからこそ、わたしは人間の仕事とはどういうものなのかを少し正確にしなければならなかったのだ。」

 さて話しを本題に戻し、加藤典洋の場合をさらに敷衍しなければなりません。しかし「敗戦後論」以降、氏の想像力はその後に起きた人災(東日本沿岸部の「原発事故」)。そして自然災害(「東北大地震)を飲み込んで拡大・深化いたしました。多数の著作が書かれています。それらに一々応接するゆとりはありませんが、二0一六年の夏から秋にかけて出された三冊の本「言葉の降る日」「世界をわからないものに育てること」「日の沈む国から」の三冊の、その最後の本から、「『戦後』の終わり」と「『災後』のはじまり」へ加藤が複眼的な想像力をはたらかせている。特に、映画(「ゴジラ」や漫画(「鉄腕アトム」等)のビジュアル系から読者へ働きかけることで批評の視界を広げ、このふたつの文化アイコンの一対を聖書のヨナに仮託して未来へ結びつけようとの努力は示唆に富むものと思われた。一九七十年代に、パラオやペリリュー島など、東南アジアの島々でダイビングをしていた経験から、実体験的に共感できる部分があったことを、激戦地の草地にうずくまった赤さびた戦車の残骸や不気味に静まり返る洞窟を覗いた記憶と共にここに書きつけておきたい。



貝縮小




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masuryuu

Author:masuryuu
仮に「異邦人」としておく。あられもない空想から、科学的「真実」まで、詩、小説、歴史、哲学、政治、経済、趣味等、この世の人事、出来事、万般に、興味を寄せる者の総称とします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード