FC2ブログ

散文詩「傘」

  雨になると女は喜んで傘をさした。傘は人目から二人を隠してくれた。
「あいつに見つかるとヤバいのよ」
 そう戸惑うように女はつけ足した。
駅前の茶店で逢うとすぐにろくに話しも交わさないで二人はホテルへ直行した。
 ホテルを出るといつも深夜に近かった。せまい酒場のカウンターに座ると長い髪をたくしあげ女はやっとなにかから解放されたような顔をみせ、緑の葉を浮かせたモヒートを一気に飲み干した。
「ヤバイってどんなふうにヤバイのだ」
「殺されてしまうわ」
 そのきつい冗談に男は笑った。すると不敵な様子で男の顔をみた。男はその大胆な女の顔が好きだった。
「ナイフで一突きかい」
「まあそんなところね」
「兇暴だな。なにをしている男だっけ」
「よく知らないわ。家にはほとんどいたことがないの」
 女が急に後を振り返った。店の窓から路地の奥がみえた。白い野良猫が闇を裂くように跳び去った。あたかも空を飛ぶロケットのように。
「外でなにをしている男なんだ」
 男はそう聞き直した。
「知らない。そういうこと話したことがないのよ」
「そんな男とは別れてしまえばいいのにな」
 その軽口が女を苛つかせたようだ。疵ついたプライドからゴロワーズを立て続けに吸い、その煙霧に噎せながら反撃に転じてきた。
「あなたに何が判るっていうの? そんな男だから離れられないということを、あなたなんかに理解することなんて、とても不可能なことなんだわ」
 不意を突かれたように男はおどろき、呆れたように呟いた。
「おかしな夫婦があったものだ・・・」
「ただの男と女なのよ。いまの私たちみたいにね」
 女は挑むように男をみた。その鋭く妖艶な目つきに男は強い酒を一気に呷ったような陶酔を味わった。
 突然男は立ち上がった。
「もう一軒行かないか」
「お酒ならここでじゅうぶんだわ」
「酒場じゃないホテルだよ。プールつきのね」
「そこで一泳ぎして朝までやりまくるっていうわけね」
 男は女のますます奔放な言動に鼻白み、そして訝しんだ。
 女は男のものにしゃぶりついたまま舌でもてあそぶことをやめなかった。あたかも母の乳房をくわえた乳飲み子のように。男は朝まで女に全精力を注いだ。だが、女が絶頂に上りつめることは、ついに一度もなかった。頂上に達しない女はいつまでも疲れというものを知らない。男の心臓は呻きだし、腰は軋み悲鳴をあげるばかりであった。一閃、男の欲望の底から殺意がひらめくのを感じた。それが女の究極の願望であるとでもいうように。
 まだ朝靄のこもった暗いうちにホテルをでた。駅へのぼる階段のしたで、男と女は背中を見せて左右に別れた。
 夕方のニュースに北の海にロケットが落ち、その無謀なゲームのつけ足しのように、女が男に殺された事件が報じられた。どうした行き違いか被害者の顔が、一瞬画面に映された。青い空を背景にいま海から上がったとでもいう女の顔が、これまで見たこともない穏やかな笑みを浮かべていた。その顔がストップモーションの映像として胸に焼きついた。その瞬間、男の全身にナイフで抉られるような激痛が走った。
 雨に広げた傘の中の戸惑うような女の顔と、今朝別れたばかりの女のあれこれの仕草が、男の胸の中に、飛翔体のような翳を広げ、暗い海に沈んでいった。
 一日中雨は止みそうになかった。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masuryuu

Author:masuryuu
仮に「異邦人」としておく。あられもない空想から、科学的「真実」まで、詩、小説、歴史、哲学、政治、経済、趣味等、この世の人事、出来事、万般に、興味を寄せる者の総称とします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード