FC2ブログ

テレビ寸感

 「梶井基次郎の『愛撫』」(19.7.10)を掲載した8日後に、京都アニメーション放火事件が発生しました。事件の詳細を記せば、京都アニメーションの第1スタジオに男が侵入して、ガソリンを撒いて放火した。これにより、京都アニメーションの関係者に多数の死傷者が発生。7月27日21時時点で死者は35人に上り、警察庁によれば「放火事件としては平成期以降最多の死者数となった、ということであります。

  ブログは末尾で以下のように記しました。加藤典洋の著書「9条入門」から、日本の「窮状」の予感まで書きこんだのも私なりの憂慮からでたものであります。

「現在の日本に目を転じてみよう。相継ぐ災害に見舞われ、巷に氾濫する犯罪の連鎖は正常な感覚を喪失した痺れた指のように、この現代の不吉な兆候を示すものでないことを祈りたい。少なくとも、文学だけは「透明な感性の祝祭」であって欲しいものだ。加藤典洋は遺書のような「9条入門」を残してあの世へ旅立った。この含蓄に富んだ一書から日本の「窮状」を予感し、その隘路を抜け出る示唆を得ることはできないものだろうか。梶井基次郎の「愛撫」から、とんだところへ筆が走ってしまったが、人間にある動物的な直感力は猫の耳のように、遠方からの音に敏感に反応しているのではないか。」

 高齢ドライバーの車にぶつけられ骨折した右手の指は、リハビリにもかかわらず、依然として繊細にモノの感覚を伝達してくれる指の神経を痺れさせ、お箸の上げ下ろし、歯ブラシの正常な使用をさせてくれません。そうした苦境で見たからかもしれませんが、
2019年7月20日の「Eテレ」は、作家の辺見庸が、2016年7月に起きた「相模原障害者施設殺傷事件」から想を得た「月」という作品について語る番組でありました。ノンフィクションでもなく、小説でもないが、あの事件の契機がなければ書けなかったと作家は述懐しています。目も見えず言葉も発せず動けない人物が登場して、たどたどしいが執拗に、「在る」とはどういうことか問うのです。ここには人間の上にたって規制をかけてくる社会とは、そもそも何かというラディカルな難問の提起が為されています。正直なところ、重たく暗く、指の痺れがこころまでひろがってきそうな番組でありました。しかしこの問いには、加藤の「9條入門」の冒頭の文章と響き合う、敢えて自分の身を逆転しながらの急進的な問いかけがあります。

「・・・憲法9條というのは、必ずしも戦後の日本になかったとしてもよかったのではないだろうか、と思うようになりました。というか、一度はそう考えてみる必要があったのだ、と考えるようになったのです」
 さらに加藤は続けます。「だから憲法9條はいらない、というのではありません。憲法9條に負けたままでは、とても憲法9條を生きるということはでないはずだな、と思ったのです。憲法9條に負けたまま、というのは、ただ憲法9条を有り難がっているだけでは、という意味です。」(P8,9)
 こうした身をねじらせての思考は辺見庸のEテレの姿勢と共通したものがあります。京都アニメーション放火事件はまだ容疑者の青葉真司の動機がいまひとつはっきりとしていない現段階では、なんとも言えません。がどことなく、「相模原障害者施設殺傷事件」と同じ土壌から出てきた事件であるかのように感じられますが、考えすぎかも知れません。
 今回の参議院選挙の結果、れいわ新選組から立候補2名の身障者が当選したことは、あの事件と必ずしも関係がないとは思われませんがいかがでしょうか。

 そして、私の3・11の災難から1ヶ月後、今度は東京・池袋で87歳の男が運転する乗用車が歩行者をはね、31歳の母親と3歳の娘さんを失った夫の口惜しそうな顔をみたのでした。

 ところで最後に、地方の友人が書いた短篇小説「交差点」の感想を、私の手の痺れを忘れて書いておきましょう。
この小説は高齢者が2名登場します。一人は88歳の高齢のタクシー運転手、もう一人はこの運転手の車に衝突される、やはり退職後の高齢者です。作者は確かな筆致でこの二人の人生の断面を並行して描いています。どこにもありそうな高齢な男二人の家族と夫婦の一齣です。その平凡な日常は多少の波風はありますが、まるで小津安次郎監督の映画のように、穏やかに、淡々として流れていきます。日本の最大多数の現代生活の風景といってよいでしょう。異常なものはなにひとつありません。夢のような日常と言ってもいいのです。この二人の人生が交わる場所が事故現場の「交差点」というわけです。交通事故は悲惨ですが、それを小さく暗示するのが最後にくる一行だけとなっています。お見事というしかありません。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masuryuu

Author:masuryuu
仮に「異邦人」としておく。あられもない空想から、科学的「真実」まで、詩、小説、歴史、哲学、政治、経済、趣味等、この世の人事、出来事、万般に、興味を寄せる者の総称とします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード