FC2ブログ

ボクシングと居合道

 ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝の録画を繰り返しみて飽きることがなかった。井上尚弥とノニト・ドネアの試合は斬り間で真剣を交える稀代な名勝負であった。どちらが先にリングに倒れてもおかしくはなかった。ドネアのパンチは伸びがある。刀でいえば刃先が敵の急所を確実に斬撃する迫力だ。2回のラウンドで井上の眉間を切った左フックのパンチがいま少し強ければ、井上尚弥はドクターストップで負けていたかもしれない。10歳の年齢の若さと井上のスピードとテクニックがドネアを上回ったのが勝因となったにすぎない。ドネアのパンチは凄まじいものだった。このパンチに空を切らせ見切る井上の目のよさ、俊敏な動きがが勝敗を分けた。9回は井上には危ないラウンドだった。ドネアの右の強打に井上の腰は崩れた。18戦で16勝のKO勝ちという最短の戦歴は、井上に「自分の底がみえない」「成長に必要な自分の課題が見つけられない」という不安を懐かせていた。贅沢な強打者の悩みである。「自分の底」が見えないのは、株価でいえば底値もなく下がりつづける株を持った投資家の心理に似ている。売れば損失は確実に出てしまう。持っていれば損失の限度は底が知れない。そのヒリヒリとする感覚は投資家の心理を博打打ちに近づける。「課題」がみつからなければ、練習の工夫もできず、成果をあげられない。居合も滅多矢鱈な稽古で上達することはできない。自己確認とそれを身体が納得して身につけられなければミリ単位の向上も望むことはできない。ボクシングは対戦相手がいるが、居合は仮想の敵との一人演武なのである。実際に人を斬ることも斬られることもない。ただ審査員の目に空を相手の演武がどう見えるかが勝敗をきめる。互角の演武を審査するほど審査員を疲れさせるものはない。仮想の敵をいかに現前させ、確実に斬撃しているか。演舞者はそれを表現しなければならないのだ。フィクションである。小説なのである。居合道の「武」はここにおいて「文」に近似する。言葉による表現とちがいはない。だが演武するのは一個の肉体なのだ。机上の紙の上ではないのである。ボクシングはすぐ間近に対戦者の肉体が現前する。ドネアは歴戦のチャンピョンなのだ。すこしの油断が隙が致命傷となる。なんという違いであろうか。相手の眉間から流れる血が元気となるボクシングの闘争の現場と一滴の血も流れない居合道の勝負の板の上とでは、その径庭は天地の違いがあるのだ。同じ録画を幾度となく見ていると、家内に呆れられてしまったが、対敵動作で目が離せないボクサーに目を釘付されるリング上のリアルな現場感を吸収したくてと答えても詮方ないことであった。左のジャブを幾度打っても井上の上半身にブレはない。どれだけ下半身の土台が堅固であることだろう。井上は2回で眉間を切りドネアが二重に見えたと言っている。右手のグローブでガードをして、それをさとられぬ工夫をしたらしい。井上の右目を注意して観察していると、おかしいことを気づかされる。その異常をドネアに見抜かれぬ戦法をとった。時にガードを下げ、足を使って距離をとり左ジャブの攻撃に組み替えたのだ。10回から攻撃に出た井上の左ボディーがドネアの肝臓ちかくを打ち抜いた。相手の体力が落ちるのを待っての狙い打ちである。両膝をついてダウンしたドネアは立ち上がり、なおも得意の左フックで井上を狙った。さすが歴戦の勇者の力量、倒そうとして倒せる相手ではないことを、井上は分っていたのだ。居合では演武の開始線まで歩いてくる姿をみただけで、審査員は演舞者の修業の深浅を見抜くはすだ。対戦相手の情報を事前に収拾し分析をしぬいていた井上に油断はなく、決して深追いをしなかった。最後まで冷静で落ち着いていられたのはさすがというしかない。審判では一点差の判定をみたが、それも不思議でない試合内容であった。12回の終わりのゴングが鳴ると、二人のボクサーは互いに抱き合った。お互いへのリスペクトを示したのだ。強者は人間ができている、そう思った。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masuryuu

Author:masuryuu
仮に「異邦人」としておく。あられもない空想から、科学的「真実」まで、詩、小説、歴史、哲学、政治、経済、趣味等、この世の人事、出来事、万般に、興味を寄せる者の総称とします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード