FC2ブログ

二つの映画「サムライ」と「ハンター」

 アランドロンの「サムライ」(LE SAMOURAI)は1967年のジャン=ピエール・メルヴィル監督のフランス映画。まだ学生だった頃で、日比谷までこの映画を観に行ったのを覚えている。映画にはほとんどアランドロンの科白はなく、小雨の篠つく淋しいパリの街角、カナリア一匹の籠が吊された荒涼たる主人公の部屋、トレンチコートに身をつつんだドロンの湾曲気味の足が石畳を踏むコツコツと響く硬い音、青い眼に湛えられた弧愁、身体中に氷のように張り付いた孤独な後ろ姿に、当時の私が魅了されないはずはなかった。映画にでてくる「侍は森のなかの虎のように孤独である」という科白が字幕に流れる。「武士道」にそんな科白があったかどうか疑問だが、勝手に映画に挿入したものかもしれない。ドロンはアルジェリアかどこかで生れている生粋のフランス人ではないと言われているらしい。そういえば、作家のカミユもアフリカの植民地の出身だった。三島はこの映画に惚れ込んでいたのは、たぶん敢えて偽証をしたピアニストの黒人女性へ秘やかに心を動かされた殺し屋が、殺されることを承知で空の拳銃を突きつけ、案の定、張り込んでいた警察官のいっせい射撃で死ぬところだったに相違ない。フランスの象徴主義の詩にいかれていた青年にはそんなことはどうでもいいことで、ボードレールがダンディズムを定義として「人に嫌われようとする貴族的な趣味」ということばに、惹かれるものがあったからだ。ユイスマンの「さかしま」(渋澤龍彦訳)が私の当時の聖典のようなもので、リラダンやマラルメの孤高の生き方に私が憧憬をいだいていたのであった。若き頃のポール・ヴァレリーも「さかしま」にやられたくちで、ユイスマンの紹介で一時役人生活をしたこともある彼は、詩作を放棄して40歳すぎまで約20年間、独りノートに自分の思索を記して過していたのである。ランボーは小林の訳詩集でやられたが、ヴァレリーの「レオナルドダビンチ方法論序説」と「テスト氏」に、地中海的な明晰な思考に魅了され、「デカルトの生活は単純であった」という生活スタイルが、ランボーの破滅型よりいいように思われた。私も退嬰的な生活を繰り返す家庭というものに堪えられず、どことも告げずに実家を飛び出し、田園調布の下宿で独りヴァレリーを模した極限を目ざす精神生活をして過ごそうとしていたのだ。しかし、当然にも長くは続けることはできなかった。マルスの石膏像とインコを二匹を飼うだけの孤独な精神生活の実験はあまりに私の心身を痛めつけてくれたのである・・・・。
 スチーブマクイーンの「ハンター」は1980年のいかにもアメリカらしいアクション映画だ。マクイーンはこの映画の撮影中に癌が見つかって50歳で亡くなっている。映画は実在の賞金稼ぎをモデルにしているので、稼ぎの相手を殺す場面はでてこない。代わりにスタンガンという鉛を詰めた革袋を発射して気絶させる銃器をみることができた。生きたまま捕まえてこそ賞金が貰えるのだ。マクイーンは病気のためか、演技に切れがなかったけれど、同棲中の女性のお腹に子供ができていて、ラマーズ法という新手の出産法があるので協力して欲しいと言われ、それを冷たくあしらう賞金稼ぎだが、この映画で私ははじめてラマーズ法というものを知った。賞金稼ぎの趣味は模型づくりで棚にはたくさんの模型の車が並んでいるのだ。マクイーンは運転にはレーサー級のはずだが、映画では駐車もろくにできず、前後の車にぶつけているシーンから始る映画が笑えてならない。この映画には、同僚だかがマクイーンへ疲れるかと聞く場面が幾つかあって、そのたびに「ああ、疲れるよ」と応えるマクイーンが出てくるのは、癌に罹っていた俳優への気づかいから生れたようだ。凄まじいカーチェイスや格闘はでてくるアクション映画には違いないが、ラシトシーンでは車のなかで産気づいた女に、ラマーズ法の呼吸をまねて励まし、病院に駆け込む直前に出産しまった赤ん坊を不器用に抱き上げるマクイーンのほのぼのとした映画となっているのが味噌だろう。彼の映画で印象に残るのは、「大脱走」のバイクでの逃走シーン。車は欲しくて仕方がなかったものだが、私は手中にすることが遂にできなかった。しかし、バイクは中年すぎまで乗りまわし、仕事にも利用して飛び回っていたことがある。つぎに印象的なのは、「パピオン」というのダスティホフマンと共演する映画だろう。脱出不可能の牢獄のある孤島から、一抹の自由の可能性に賭けて、断崖から海への投身するシーンは、いかにもアンチヒーローの男の生き様が出ていて私を感動させたのだ。あの憂鬱な海に浮ぶ椰子の実の筏は、やむに止まれない人間の希望が託される実に儚い一塊であった。この映画にはマクイーンらしいアクション演技が、疲労感を漂わしならがも随所に活きていたことを、スチーブマクイーンという男優のために言い添えておきたい。






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masuryuu

Author:masuryuu
仮に「異邦人」としておく。あられもない空想から、科学的「真実」まで、詩、小説、歴史、哲学、政治、経済、趣味等、この世の人事、出来事、万般に、興味を寄せる者の総称とします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード