FC2ブログ

「ヒトゲノム」について

 先日のブログに「ヒトゲノムのうち、膨大なDNA配列の2%」ということについて、一女性から疑問がよせられました。実は筆者も「なんでやろう?」という思いがあったのです。そこで養老先生の後輩から、つぎのような親切な回答がありましたので、感謝を申上げつつ、これを掲載したいと思います。コロナとの共存という専門の先生のいわれることが、ちょっと腑に落ちていかない人には、すこしでも参考になれば幸いです。同時に、このことは現代文明へのある意味での警鐘とも思われます。Y先生、ほんとうにありがとうございました。

 「ヒトゲノムのほとんどは不要不急」ということについてですが、実はその通りで、ヒトゲノムの中で「意味がある」のは、膨大なDNA配列のうちのたった2%程度とされています。

専門用語では「意味がある」部分をエクソン、「意味のない」部分をイントロンと言います。あらゆる生命活動の基本は蛋白質ですが、人間の体内でそれが合成される際に、細胞内構造体によって膨大な遺伝子情報を解析する作業が行われます。そこで「エクソン」と「イントロン」の識別が行われます。

つまり細胞内構造体は、DNAの中の不要なイントロン領域を切り捨てて、必要なエクソン領域だけを抜粋して読み取ることで、身体のあらゆる蛋白質を合成していくのです。

ヒトゲノムを一つの図書館に例えるとわかりやすいかもしれません。その図書館には、人体に関する情報が書かれた膨大な数の本が収納されています。しかし、意味のある文章が書かれている本は全体のたった2%で、残りの98%の本は、意味のない文字列で埋め尽くされていて、それらは人体を構成する上でまったく役に立たないのです。

ここで疑問が生じます。「なぜそんな意味のない大量の本を、この図書館はわざわざ保管しているのだろうか?」と。

蛋白質を合成するときに、細胞内構造体は毎度毎度、エクソンとイントロンを分別しなければなりません。これは余計な労力です。最初から不要な本を捨て去って、図書館の中に必要な本のみを保管しておけば、毎回分別をする手間が省けるはずです。

ところが、大変面白いことに、現代の遺伝子研究によって明かされたのは、「高度に進化した生物ほど、長いイントロンを持つ」という事実でした。つまり、遺伝子の中に「不要なもの」をたくさん残している生物ほど、生存競争に勝ち残っていることがわかったのです。

本来であれば、不要なことにエネルギーを消耗する生物は競争の中で不利になり、滅んでしまうはずです。なのにどうして、上記のような現象が起きるのか。これは現代生物学における大きなテーマの一つです。

そして最近の研究によって少しずつ判明してきた有力な説の一つが、「そのほうが想定外の事態に強くなるから」というものです。

これも図書館に例えるとわかりやすいです。我々生物の細胞は、常日頃、内外からの様々な刺激を受け、DNAが損傷します。それは例えば紫外線であったり、細菌やウイルスからの攻撃であったり、あるいは細胞内部で癌のもとが自然発生することもあります。これらの刺激は、言うなれば「図書館に泥棒が侵入して、一部の本を盗んだり、落書きをしたり、破り捨ててしまう」という事態です。

ところが、ヒトゲノムという図書館の98%の本は「意味のない本」であり、泥棒が多少の悪事を働いたとしても、わずか2%の「意味のある本」に被害が及ばないかぎり、人体にはまったく影響がないのです。

もしヒトゲノムの遺伝子すべてが「意味のある」配列であった場合、外からの刺激をほんの少し受けるだけでも、途端に人体の設計図に狂いが生じます。しかし98%が意味のない配列だからこそ、多少のイレギュラーな事態が生じても致命的なダメージを受けることなく、余裕ができて、柔軟に事態に対処できます。

これこそが、生物が進化を繰り返す中で、不要なはずのイントロン配列をあえて遺伝子内に蓄えてきた理由ではないか、と考えられています。

これは科学の話題ではありますが、しかし、私たちの日常生活にとっても重大な教訓になる気がいたします。合理主義的な現代社会に生きる私たちは、ついつい「不要なもの」「無駄なもの」を切り捨てて、効率化を図ろうとします。日常のほんのちょっとした遊び心、機微や情緒、あるいは長く受け継がれてきた伝統や文化ですらも、論理的な「計算」によって「数字」が出せないものは解体され、否定されてしまう。そういう場面に少なからず遭遇します。

もちろん計算は大切です。しかし、一分の隙もない計算によって無駄を100%排除した完璧な計画というのは、逆に、たった一つの計算が違ってくるだけで歪みが生じて崩れてしまいます。

コストカットで効率重視の生き方をすれば短期的には利益が出るかもしれませんが、長い目で見ると、一見無駄なものを捨てずに持ち続けるほうが、いざという時に応用が効いたり、予想外の事態でも自分自身を保つ支えになったりするものです。生存に不必要なものこそが人生の面白みや深みに繋がり、それらを大切にする人は、むしろどんな非常事態にも動じない安定感がある。そんな気さえします。

この地球に生命が誕生して39億年。とてつもない時間をかけた試行錯誤の中で、生物がたどりついた答えもまた、「無駄を大切にする」という方針でした。遺伝子における不要不急のイントロンの存在は、そんな物語としても解釈できるのではないかと思います。

また、イントロンの存在理由については上記以外にも様々な研究成果が出ております。やはり図書館に例えるならば、「意味のない本」は単に泥棒対策になるというだけでなく、実は通常状態では意味がわからないだけで、非常事態になるとそれらが暗号のように意味を成して、図書館全体の危機に対処するための道具の設計図となる。そういった「隠れた重要機能」があることも徐々に判明してきています。しかし一方で、未だに不明な部分もたくさんあるのがイントロンの奥深さです。

現代の科学技術をもってしても一筋縄でいかない謎に包まれた遺伝子配列、イントロン。生命が実に39億年もの時をかけて紡いできたあらゆる知恵の結晶が、その「無意味な配列」に詰まっているのかもしれません。

以上、回答とさせていただきます。
この回答自体も冗長で無駄な部分があるかもしれませんが、それもまたある種の「イントロン」ということで、温かい目で見ていただければ幸いです。

 以上、たいへん温かい説明で、ホンワカとしてきますね。まみちゃん、すこしでも、理解がふかまったらいいですね。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masuryuu

Author:masuryuu
仮に「異邦人」としておく。あられもない空想から、科学的「真実」まで、詩、小説、歴史、哲学、政治、経済、趣味等、この世の人事、出来事、万般に、興味を寄せる者の総称とします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード