FC2ブログ

肉体の学校(1) ―呼吸を学ぶー

 表題のようなエンタメ小説が三島の文学にあります。小気味よい成功作でフランスでも映画化されたもので、仏題:L' école de la chair。仏語のchairには肌色という形容詞もありこれがいかにもフランスのエレガンスを思わせますが、日本語の肉体という言葉には少なからず生々しいニュアンスがつきまとうので、ここでは身体(からだ)と表現したほうがよいでしょう。今回は文学の話しではありません。あとで述べますが、三木成夫という学者が「ヒトのからだー生物史的考察」(うぶすな書院)という題名の本を書いています。
 ところで、座禅に「数息感」という呼吸法があり、調身、調息、調心のリズムをつくるための方法で、主に調心のためのものです。
先日のことでした。座禅を始めてしばらく経った頃。水の中で溺れるように、呼吸することがしばらく困難となりました。そんなことがこれまでの座禅になかったわけではありませんが、そのときは、不思議と思われてしばしの反省のあとで、私は空気に溺れたのだという奇妙な想念に遊ぶのを止めることができませんでした。それは座禅によって人間のからだが、動物からより植物にちかい存在へと生の様態を近づけたことから、三木氏のいう生命記憶のかなたから呼吸器に顕われた一時的な症状のように思われてならなかったのであります。
 先述した三木成夫という発生形態学者の著書によりますと、海から発生した生物が陸にあがるときに呼吸することを覚えたのですが、大変に長い年月をかけ非常な努力をしたそうであります。この先生は人間の胎児が母胎に宿り、羊水の海に十月十日ほど漂った過程を観察して「胎児の世界」(中公新書)という本を著わしました。そのけっか、「個体発生は系統発生を繰り返す」という法則を実地に観察・発見するにいたったのです。簡単に言いますと、母体に宿ったまだ小指の先にも満たない赤ん坊が十月十日の間に、形をかえ姿をつくりその相貌を変えていく成長の過程のいちいちが、生命が誕生し形態を進化させていくその節々の姿に、相似していることを観察して証明したといえばいいのでしょうか。
 すなわち30億年(三木)まえに地球に生命が誕生して以来、生物の分化の歴史において動物と植物という二つの生命の形態が生まれ、その身体の成立ちを比較して、そこに共通する相違と類似との根本があることを示しておられました。ここから人間の身体の器官を動物的なものと植物的なものとに分けることができると考え、人間は互いに性格が異なる二種の生物が“共生”しているものだという結論をだしたのです。そしてこれらの二つの器官群を個別に観察し、最後に発生学と解剖・生理学において両者を調査したところ、その代表が“心臓”と“脳”であるという関係にたどりついた。この“心臓”と“脳”という代表関係を今一度、西洋と東洋との歴史的な考察に戻り振り返って見ようとしたのです。こうやって三木氏は「ヒトのからだ」の生物史的な考察を進めていくのですが、その詳細は三木氏の平明な文章をたどるにまさるものはないでしょう。この本は有名な江戸時代の俳人宝井其角の句で締めくくられています。
 しかし、そういう文学的なことは、現在の日本文学の現状の一端をおぼろげに知る者にはどうでもいいことです。それよりも科学の世界に興味を牽かれるのは、コロナワクチンの研究と開発に遅れをとっている日本が、科学界で世界16位であることもさることながら、ワクチン開発に従事する職員が非正規社員でしかないという事実に、まず驚愕をさせられます。たまたま、私は去年、「ゲノム編集の衝撃」という本を読み、文字通り衝撃を受けました。この本にはこんなことが書かれていたのです。

「(ゲノム編集は)さらに遺伝子治療への応用にも期待が大きく、16年頃からは米国と中国を中心に、ゲノム編集で遺伝子を書き換えた免疫細胞を体内に戻してがんを治療する臨床研究などが始まっている。基礎研究から医療応用に至るまで短期間で爆発的に広まったクリスパー・キャス9は、今後も生命科学研究を支える技術として、発展を続ける。・・・・これはコロナの研究にも応用され、少量の検体から数十分でウイルス検出することが可能となる。・・・・クリスパー・キャス9の技術は、世界的に広がった新型コロナウイルス感染症に対しても活用が期待されている。例えば、より効率的な検査の実現である。・・・・ガイド役の配列であるクリスパーを新型コロナウイルスの遺伝情報であるRNAの特定の領域をターゲットとするよう組み換え、新型コロナの検査に応用することが検討されている。クリスパー実用化に向け開発が進む。現在広く使用されるPCR検査は、判定までに数時間程度かかるという課題があり、クリスパー・キャス9の技術を応用することで大幅な時間短縮が期待される。
 また、治療薬の開発にも応用が期待される。ウイルスなどの病原体に感染すると、免疫細胞の「B細胞」から抗体が産生される。クリスパー・キャス9で新型コロナウイルスの抗体を作るよう改変したB細胞を投与することで、患者は抗体を獲得することができる。
 新型コロナの感染拡大が始まって約半年だが、クリスパー・キャス9はすでにさまざまな活用法が検討されており、生命科学領域の研究手法として欠かせないものになりつつある(日刊工業新聞2020年10月8日)
 新型コロナウイルスのワクチンを開発中の米製薬大手ファイザーと独ビオンテック(BioNTech)は9日、治験の予備解析の結果、開発中のワクチンが90%以上の人の感染を防ぐことができることが分かったと発表した。ファイザーとビオンテックは、「科学と人類にとって素晴らしい日になった」と説明した。このワクチンはこれまでに6カ国4万3500人を対象に臨床試験が行われてきたが、安全上の懸念は出ていなかった。両社は今月末にも、このワクチンの認可取得に向け、規制当局の緊急審査に申請する計画だという。」
 その後の日本を取り巻く現状を述べる気力は、いったいどこからでてくるというのでしょう。
其角の句「蟷螂の尋常に死ぬ枯野かな」は、三木氏がその卓越した著書の最終においた、その意味合いを無効にするどころか、いまや、日本は哀れなカマキリになれるかどうかも、怪しいものなのです。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masuryuu

Author:masuryuu
仮に「異邦人」としておく。あられもない空想から、科学的「真実」まで、詩、小説、歴史、哲学、政治、経済、趣味等、この世の人事、出来事、万般に、興味を寄せる者の総称とします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード