FC2ブログ

加藤典洋の軌跡(1)

 厚生労働省は毎年、簡易生命表の概況を発表している。それによると2017年における日本の平均寿命は、男性が81.09年、女性が87.26年となった。男性の平均寿命80年超えは2013年分が初めてで2017年が連続の5年目となるとした。一文芸評論家の紹介の冒頭に、国の統計した平均寿命を記すことの愚は承知のうえに、拘ったのは外でもない、加藤典洋が1948年生れでありながら今年の5月に肺病で亡くなったことに注意を促したかったからである。3年前の平均寿命より10年も早く加藤典洋氏は逝去したのだ。この遠因となる背景については後ほど触れることになるだろう。
 さて本稿は加藤典洋という文藝評論家の論考というより、まず遺書となった「9條入門」までの軌跡をたどり、その足跡から加藤という文芸評論家の像を素描できたら幸いであるが、その上でできるなら論考へと進む手がかりを模索したいと思う。しかしながら、私自身の体調不良もあり甚だ心許ないことを最初にお断りしておきたい。場会によっては時系列を無視して、現在という歴史的時点に関連する事項へと焦点をしぼることも選択肢となるだろ。

 「アメリカの影―高度成長期の文学」は1982年であるから34歳でのデビューは遅いのだが、「戦後再見―天皇・原爆・無条件降伏」は雑誌「文藝」の1984年九月号に、そして世の注目を集めた「敗戦後論」が雑誌「群像」に載ったのが1995年1月号、単行本として講談社から発刊されたのは1997年8月、10月までに4回刷られている。また、前年の1994年には、大逆事件、経済新体制、高度成長などの日本の生態を扱った、副題が「『大・新・高』の精神史」とした「日本という身体」が刊行されているが、村上春樹の「風の歌を聴け」(1979年)からの村上文学への熱い視線が鼎談「村上春樹への冒険」(笠井潔、竹田青嗣)として1991年に、そして「イエローページ」として発表されだしていることは、加藤典洋の批評活動の文学と時代への鋭敏さと証すものだろう。スタートは遅れたが一端かかったエンジンは、みごとなフットワークで多様にして精力的な批評の展開を見せたことは、1990年に上梓された「ゆるやかな速度」までを見てみればあきらかである。

 まず、注目すべきなのは、「敗戦後論」が世に問われるまでの間、「批評へ」として「新旧論」を軸に5百頁の冊子になる30本弱の批評文を「群像」「文藝」「文学界」に矢継ぎ早に展開していることである。とりわけ「新旧論」は「三つの『新しさ』と『古さ』の共存」という副題がつけられ、自身が「少なくともその素材を小林秀雄、梶井基次郎、中原中也という古典的存在(?)から採っている。そのような意味では、従来の文芸批評上の達成と引照可能な、ぼくとしてははじめてのやや『本格的な』文芸評論ということになるかも知れない」と「あとがき」で記す小林の「私小説論」に関する部分と梶井、中原についての部分は諸賢の批判を仰ぎたいというだけの十分な達成を示しており、特に「社会化しえない私」を取りだした業績は先行者・秋山駿に負うてもいるが、その先鋭な思考は刮目に値すると思われる。そして、この分厚い本の「序文」に書かれた「オフサイドの感覚」は、加藤という批評家の明敏な運動感覚とみて差し支えはないだろう。



IMG00132 (2) IMG00115 (2) IMG00135 (2) IMG00141 (2)




テレビ寸感

 「梶井基次郎の『愛撫』」(19.7.10)を掲載した8日後に、京都アニメーション放火事件が発生しました。事件の詳細を記せば、京都アニメーションの第1スタジオに男が侵入して、ガソリンを撒いて放火した。これにより、京都アニメーションの関係者に多数の死傷者が発生。7月27日21時時点で死者は35人に上り、警察庁によれば「放火事件としては平成期以降最多の死者数となった、ということであります。

  ブログは末尾で以下のように記しました。加藤典洋の著書「9条入門」から、日本の「窮状」の予感まで書きこんだのも私なりの憂慮からでたものであります。

「現在の日本に目を転じてみよう。相継ぐ災害に見舞われ、巷に氾濫する犯罪の連鎖は正常な感覚を喪失した痺れた指のように、この現代の不吉な兆候を示すものでないことを祈りたい。少なくとも、文学だけは「透明な感性の祝祭」であって欲しいものだ。加藤典洋は遺書のような「9条入門」を残してあの世へ旅立った。この含蓄に富んだ一書から日本の「窮状」を予感し、その隘路を抜け出る示唆を得ることはできないものだろうか。梶井基次郎の「愛撫」から、とんだところへ筆が走ってしまったが、人間にある動物的な直感力は猫の耳のように、遠方からの音に敏感に反応しているのではないか。」

 高齢ドライバーの車にぶつけられ骨折した右手の指は、リハビリにもかかわらず、依然として繊細にモノの感覚を伝達してくれる指の神経を痺れさせ、お箸の上げ下ろし、歯ブラシの正常な使用をさせてくれません。そうした苦境で見たからかもしれませんが、2019年7月20日の「Eテレ」は、作家の辺見庸が、2016年7月に起きた「相模原障害者施設殺傷事件」から想を得た「月」という作品について語る番組でありました。ノンフィクションでもなく、小説でもないが、あの事件の契機がなければ書けなかったと作家は述懐しています。目も見えず言葉も発せず動けない人物が登場して、たどたどしいが執拗に、「在る」とはどういうことか問うのです。ここには人間の上にたって規制をかけてくる社会とは、そもそも何かというラディカルな難問の提起が為されています。正直なところ、重たく暗く、指の痺れがこころまでひろがってきそうな番組でありました。しかしこの問いには、加藤の「9條入門」の冒頭の文章と響き合う、敢えて自分の身を逆転しながらの急進的な問いかけがあります。

「・・・憲法9條というのは、必ずしも戦後の日本になかったとしてもよかったのではないだろうか、と思うようになりました。というか、一度はそう考えてみる必要があったのだ、と考えるようになったのです」
 さらに加藤は続けます。「だから憲法9條はいらない、というのではありません。憲法9條に負けたままでは、とても憲法9條を生きるということはでないはずだな、と思ったのです。憲法9條に負けたまま、というのは、ただ憲法9条を有り難がっているだけでは、という意味です。」(P8,9)
 こうした身をねじらせての思考は辺見庸のEテレの姿勢と共通したものがあります。京都アニメーション放火事件はまだ容疑者の青葉真司の動機がいまひとつはっきりとしていない現段階では、なんとも言えません。がどことなく、「相模原障害者施設殺傷事件」と同じ土壌から出てきた事件であるかのように感じられますが、考えすぎかも知れません。
 今回の参議院選挙の結果、れいわ新選組から立候補2名の身障者が当選したことは、あの事件と必ずしも関係がないとは思われませんがいかがでしょうか。

 そして、私の3・11の災難から1ヶ月後、今度は東京・池袋で87歳の男が運転する乗用車が歩行者をはね、31歳の母親と3歳の娘さんを失った夫の口惜しそうな顔をみたのでした。

 ところで最後に、地方の友人が書いた短篇小説「交差点」の感想を、私の手の痺れを忘れて書いておきましょう。
この小説は高齢者が2名登場します。一人は88歳の高齢のタクシー運転手、もう一人はこの運転手の車に衝突される、やはり退職後の高齢者です。作者は確かな筆致でこの二人の人生の断面を並行して描いています。どこにもありそうな高齢な男二人の家族と夫婦の一齣です。その平凡な日常は多少の波風はありますが、まるで小津安次郎監督の映画のように、穏やかに、淡々として流れていきます。日本の最大多数の現代生活の風景といってよいでしょう。異常なものはなにひとつありません。夢のような日常と言ってもいいのです。この二人の人生が交わる場所が事故現場の「交差点」というわけです。交通事故は悲惨ですが、それを小さく暗示するのが最後にくる一行だけとなっています。お見事というしかありません。





トーマス・マン「幸福への意思」

 何時の頃かは忘れたが、トーマス・マン全集で幾つかの短篇小説を読んだことがあった。その中に「幸福への意思」という題名のものがあった。それは私に短いが強烈な印象を残したものだ。この作家特有の的確な形容詞による人物と情景の描写は適度に駆使されて劇的な効果を盛り上げ、芸術的な熱情と冷静な配慮がこの短篇に雅致ある雰囲気を醸し出していた。
 情景とはローマという街でありベルニーニの彫刻であり彼が創造したトレビの泉での友人との別れの前日にしたちょっとしたおまじないの描写である。
 少年時代にぼくが親交を結んだパーオロは最初から虚弱で芸術的な資質にめぐまれている繊細な神経の持ち主の少年として登場する。この少年は実は心臓を病んでいて医者からも生きているのが信じられないとまでいわれ、本人もそれを自覚している。やがて青年となりぼくと共にある富豪の邸へ招待される。そこでパーオロは一人の女性と運命的に出会い激しい愛情にうたれる。しかし、女性の父親から青年へ娘への愛を諦めてほしい結婚には反対であるとの手紙をもらう。以来5年間、青年は姿を眩ませて諸国への放浪の旅へでてしまう。その間にその青年への好感と厚い友情を懐いている話し手のぼくは、女性本人から青年への確固とした愛情の告白をうけ、ぼくは女性から自分の心情をパーオロへ知らせてくれまいかとまで言われる。そして偶然ローマの街角でパーオロに再会したぼくは女性の愛を伝えてやる。

「別れは簡単だった。ぼくがパーオロの幸福を、多幸を祈ると、彼は黙ったままぼくの手を握った。
胸を張って大きな展望窓のそばに立っている彼の姿を、ぼくは長いあいだ見送っていたーそして勝利が。
ぼくにはこの上、なんの言うことがあるだろうか?・・・・彼は死んだ。婚礼の夜の翌朝。―いやほとんど婚礼の夜に死んだのである。
 それは当然そうなるはずのことだった。彼がこれほど長いあいだ死を克服してきたのは、ひとえに意思の、幸福への意思のお蔭ではなかったろうか? その幸福への意思が満たされたとき、彼は死なざるをえなかったのだ。闘争も抵抗もしないで死なざるをえなかったのだ。彼にはもはや生きるための口実がなかったのである。
 ぼくは、彼が悪いことをしたのではないか、結婚をした相手の女にたいして意識的に悪いことをしたのではないかと考えてみた。しかし彼の葬式の時に、ぼくは彼の棺の枕がみに立っている彼女を見た。そして、彼女の顔にも彼の顔に見たのと同じ表情、勝利の晴れやかな、力のこもった厳粛さを認めたのである。」

 死とそれを越える愛の情熱と意思を湛えたこの短篇は、その後、年を経て幾度となく再読したが、トーマス・マンの芸術的な魂がその幸福への意思の力と善意と気品に満ちた凝縮と洗練されたこの短篇が、褪せることのない光輝を放っていることに私は感動をおぼえてならなかったのだ。
 私はこのトーマス・マンの短篇を、「魔の山」の長編の本を私に贈ってくれた学生時代からの友人に読ませてやろうとしきりに思っていたことがあった。私の友人はそのとき癌を宣告されて闘病中だったからである。もしかしたら、この「幸福の意思」の小説が、彼の生への意思を励まし闘病に勝利するかも知れないと甘い幻想を懐いたからである。だが彼の病魔の進行は私の思案などよりはさらにさらに早かった。翌日には古稀を迎える夏の日に彼は亡くなった。最後に共に呑んだ酒場へ私の足が自然と向くことがあった。一人飲んでいると爽快な笑い声がときに聞こえるように思われたのだ。



              
       IMG00010 (2)



講談「清水次郎長伝」広澤虎三

 春の旅~花はたちばな駿河路ゆけば~富士の山霞~風はそよ風茶の香匂う~唄が聞こえる茶摘み唄~赤い襷に姉さん被り~娘皆衆の艶姿~富士と並んでその名も高い~ 清水次郎長街道一よ~命ひとつを長脇差しに~下げて一筋仁義に生きる~噂に残る伊達男。
安政二年の四月の半ば・・・・と、みょうちきりんの天気のせいで、鼻風邪ひいて講談師広澤虎三「清水次郎長伝」を、耳にイアーフォン差し込んで、聞いていました雨の夏。雨は降るふる連日連夜、出てはくれないお天道さま、広澤虎三の声なめらかに、三味線まじりのかけ声粋に、男意気地の次郎長は、清水湊の任侠はだし、駿河の国の親分さん、わたしゃ生れは掛川の、小高い丘の龍華院、疎開育ちで五歳まで、暮らしていました宿場町~
 てなわけで、いぜんに記したブログの一節を、再掲したくなりました。ついでに、麻田哲也の「次郎長放浪記」という本へ手をかけて驚かされた。バカは死ななきゃ~治らない、というのが嘘なんかじゃないということが・・・・。

 <以前に、「浅草博徒一代」という文庫を読み、大変に面白かった。
 「清水次郎長」が岩波新書で出ると知ると、数日を経ず私は大きな本屋へその本を求めて行った。店員は在庫を確かめ、あることはあるはずだがと嫌な予感を残してレジの方へ行って、捜してくれたがなかなか見つからない。そのうち、平積みになった本の底から、やっと見つけ出した。私はホッとしたが、見つからないはずである。たった一冊しか入荷してなかったのだ。そうだろう。講壇が流行していた時代は遙か昔のことであった。
 ややお堅い文章と思いながらも、読み出したらこれが名文に近いものだと気がついた。荷風ではないが、思想なら誰にもあるものだが、文章はそう簡単にはないものなのだ。巻を置いて能わずに、2日ほどで読んでしまった。幕末の動乱の正史しか知らない人間には、この時代の裏社会で活躍していた博徒たちが、時代の動乱期にいかなる活動と試練、そして混乱をしていたかという、闇の歴史(「裨史」とされる)はほとんど知らされていないのだ。あまり売れそうもない題材ででは、大家を目指す時代小説家は、それでなくても資料の乏しい、この物騒な世界を触れたがらないのも無理もない。
 ひとむかし、東映の任侠映画が流行った時代があった。その当時はなんの興味も惹かれなかったが、後年、ビデオ屋で借りだし見だしたら、それにはなんとも言えない魅力があった。「緋牡丹博徒」だとかそんな映画だが、それがなんで面白いのかは、一度、一ヶ月ほど病院生活をして、昼の「水戸黄門」のテレビドラマにはまったことがあったが、不可解としかいいようがないのである。
 ともかく、清水次郎長は一代の侠客の親分だ。大政、小政、森の石松、などのコワイ徒輩を配下に引き連れ、闇のネットワークを津々浦々に張り巡らし、自分の縄張りを荒らす奴等は、いかなる手段を使っても追い出しにかかる。その出入りの凄惨なこと、例えば、次郎長の仇敵の黒駒勝蔵との血で血を洗う戦闘の粗筋を、この本でその一端を知らされるだけでおおよその検討はつく。こうしたアウトローたちが、あの幕末維新の政争に巻き込まれ、攘夷だ開国だと旗識の鮮明を強いられ、とんでもない運命に翻弄されるすがたには、いつの世にも歴史というものの何とも言いようのない悲喜劇をみることができる。
 本書は天田愚庵の「東海遊侠伝」(明治17年)なる次郎長一代記を下敷きにしているが、この伝記はまた中国の司馬遷の「史記」の「遊侠列伝」を拠り所にしているとのことだ。
 ここに司馬遷が遊侠の寄せた思いを、その「史記」の文章にあたってみよう。
 「今、遊侠は其の行ない正義に軌せずと雖も、然れども其の言は必ず信あり、其の行ないは必ず果し、已に諾すれば 必ず誠あり、其の躯を愛しまず、土の厄困に赴き、既に已に存亡死生し、而も其の能を矜らず、其の徳を伐るを羞ず。蓋し亦た多とするに足る者あり」
この本の著者、高橋敏氏は、この引用文のあと、こんな風に続けている。
ー悪びれることなく武力で決着をつけて殺人、掠奪と悪事を繰り返す遊侠の徒は正義の道から外れているが、こと言動の信義においては他の追随を許さない。ひとたびこれだと決断、信奉した人物に対しては言いだしたことは死守し、やくそくしたことは命を惜しまずやり遂げ、危急存亡と聞けば駆けつけ命を投げ出し献身する。それでいて実力を鼻にかけたり恩義を売りこんだりすることは恥として一切ない。ー
 ところで、この天田愚庵とは、いったい何者であったのだろうか。
 この本によれば、戊辰戦争のただなかで行方不明となった父母と妹を探し求め放浪の旅の果てに出家して禅僧になり、歌人として著名であったが、剣禅一如の人、山岡鉄舟(海舟、泥舟とともに幕末の三舟と呼ばれた一人)と邂逅、明治十一年、人探しの裏情報に詳しいネットワークをもつ博徒の大親分清水次郎長を紹介され、その居候となり、見込まれて養子にまでなった奇矯の人とのことである。
 ここで登場する山岡鉄舟であるが、幕末から明治にかけて活躍し、後に明治天皇に見込まれた傑物であり、この人が単身駿河に乗り込み、陣を張っていた西郷隆盛に会うという勇猛果敢な快挙がなければ、勝海舟と西郷との江戸城の無血開城に至る談判は成り立ちようがなかったのである。そして、清水次郎長がこの山岡鉄舟に惚れ込み、博徒の大親分としての協力がなければ、鉄舟一人で官軍の中へ単身乗り込むことも、また不可能であったことが知られるのだ。
 いつぞや、家人と訪れた白隠老師がいた三島市の龍沢寺に、遙々と江戸から参禅した山岡鉄舟は、今では谷中の全生庵に眠っている。私が以前から参禅していた台東区松が谷の禅寺の老師は、この龍沢寺の老師さまになって、作務でお茶摘みをしにお顔を拝顔したところであった。
 駿府の裏事情に詳しい次郎長と鉄舟との篤い信義が、どのように生まれたかは、この本をどうか読まれんことを。まことに、歴史の裏面というものには、ことほど左様に人の逸興を誘う面白いものがあるものである。>
 
 ご参考までに追記しておくと、ウイッキーによれば、「寄席演芸としての講談の原型は、江戸時代の大道芸のひとつである辻講釈(つじこうしゃく)に求めることができるらしい。太平記などの軍記物を調子を付けて語ったのが始め。明治時代以降、講釈は講談と呼ばれるようになった。そして、江戸末期から明治時代にかけて、講談は全盛期を迎えた。明治末期には立川文庫など講談の内容を記載した「講談本」が人気を呼んだ(その出版社の中に講談社がある)。また、新聞や雑誌に講談が連載されるようにもなったが、明治末に浪花節、昭和に入っての漫才など他の人気大衆芸能の誕生、大衆メディアの発達などに追いつけず、次第に衰微した。第二次大戦後はGHQにより、仇討ちや忠孝ものが上演を禁止され、その後テレビの普及によりやはり衰退した」

 だが、現代に講談なんかと高をくくってはいけない。この長い任侠の界隈をCDで聞いているうち、なんとも身の毛のよだつ人間の凄まじい息遣いをのぞいてゾッとしてしまったからだ。これに比べたら現代の文学がとても甘チョロいものに思われてならなくなった。だまし討ちで死んだ森の石松の登場によってその凄まじさは真に迫ってくるのだ。生死を賭けて肉薄してくる講談の語りが、義理と人情に隈取られた凄惨の裏社会から少しずつあぶり出されてくるこの世間が、どれほど骨抜きですれっからしの薄情に成り下がったかを悟らせてくれるからだ。嘘だと思うなら、この虎三の三味線まじりの語りをじっと聞いてみるがいい。次郎長、大政、小政等のこの集団が、伊達で長脇差しを持っていたわけでないことが、腹に沁みてくるはず。とても居合だなんかと真剣を握って空を斬っている現代の滑稽な迂闊さに身がつまされてならなくなるからである。



       IMG00355 (2)



梶井基次郎「愛撫」

 人の指は繊細な感覚をもっている。若い頃、サルトルの「存在と無」で「愛撫」の哲学的な分析を読んだことがあった。人間の対自的・対他的な存在を現象学的に精密に解析したこの本の難解な執拗さに呆れるばかりで、いまではその内容はほとんど憶えがない。だが小説の「嘔吐」は繰り返し読んでいた時期があった。この哲学的な小説は読むに値したからだ。
 さて、文庫本一冊に収まる梶井基次郎全集の一篇「愛撫」はこんな冒頭ではじまっている。
「猫の耳というものはまことに可笑しなものである。」
それから作者は猫の耳についてのじつに適格な形容でその実態を描写する。つぎに猫の耳を抓る老人の具体的な叙述がはいる。これと同じ人物を子供のときにみたことがあった。その人は猫の耳をしきりにいじりまわしていた。最近、このことを思い出して自分でもやってみた。それには理由があった。私は右手と左手で指の感触を違いを確かめたかったのだ。じつは右指は手の骨折により痺れている。左手は正常である。正常な左手の感触はつぎのことを教えてくれた。それは猫という動物の生存には梶井が描写したとおりの耳が必要不可欠であるということだ。猫は家にいながらにして、家人の夜の帰宅を余人が想像もつかない遠くから聞き取ることができるのだった。その音を聞き分ける能力には驚嘆すべきものがあった。早速玄関で帰ってくる家人を迎えるべき行動をとって待機する。じつに忠犬ならぬ忠猫なのである。家人によると我が輩に対しても同じだという。たしかに帰宅する自分を玄関で嬉しそうに待っている猫の姿は愛らしい。
 猫は薄い柔らかい皮をアンテナのように機敏に動かして外界の音を聞き取ろうとしている。聞きなれない大きな音にはすぐに警戒態勢をとるが、反対に自分に好意をもって来る者にはいそいそと自分から近づいていくのだ。近隣にこの猫を玄関の隙間から見かけた子供が名前を呼びながら来訪するとそわそわと玄関へ移動していく。この猫に子犬が好意を懐いたとなると子供と変わらない動きをする。そして、短い二本の前足を揃えて澄ました顔で犬に対面するが、子犬が吠えだすとすがたを隠す。なかなかの役者なのだ。ところで、痺れた指はそうでない正常な指に比べ、猫の耳のしなやかさ、梶井の「愛撫」で切符切りで穴を空けてしまいたくなるというような奇怪な衝動などに陥る余地もない無感覚を呈して無能であった。これでは愛撫には役にたたない。痺れは指にゴワゴワした厚手の皮の手袋をはめた感じである。これではピアニストなら演奏に支障がでるだろう。指が鍵盤に触れる感度はピアニストの演奏にいかなる影響を与えるかを聞いてみたい。ここで昭和3年に書かれた「器楽的幻覚」という梶井の作品が思い出された。ホテルの会場で「私」はピアノの連続演奏を聴くのであった。やがて緊張と興奮と孤独感が「私」を石化する無感覚に襲われ、愕然として内心の声を聞く。
「なんという不思議だろうこの石化は? 今なら、あの白い手がたとえあの上で殺人を演じても、誰一人叫び出そうとはしないだろう」
 梶井基次郎の文学は昭和の初年代に集中的に書かれた、特異な日本のデカダンスを表現する詩的な散文といってもいいだろう。「桜の樹の下には」はその代表作であろう。「えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧えつけていた」ではじまる「檸檬」は関東大震災の翌年大正13年の作品だ。これは京都の丸善が舞台だが、谷崎潤一郎は関東大地震を箱根の山から眺めて、「燃えろ、燃えろ」と悪魔的な科白を吐いている。震災の前後から昭和のはじめの時期、日本の文化の深層にはデスペレートなマグマが伏流していたようだ。ちくま文庫の全集の解説者・高橋英夫は「透明な感性の祝祭」を梶井の文学にみているが、この「祝祭」には不吉な予感も含まれている。この時代の文学の底辺には爆発をもとめる窒息感が充満していたようである。その数年さきには2・26事件が待っていた。大正の終わりから昭和の初期の短いエアーポケットのような時代を梶井の文学は、その短い生涯と共に閃光のように時代の闇を照らして消えた。誰もその文学の軌跡をつぐ者はいなかったが、文学は猫の耳のような繊細にして柔らかなアンテナで時代の音調に耳をすましているものだ。
 現在の日本に目を転じてみよう。相継ぐ災害に見舞われ、巷に氾濫する犯罪の連鎖は正常な感覚を喪失した痺れた指のように、この現代の不吉な兆候を示すものでないことを祈りたい。少なくとも、文学だけは「透明な感性の祝祭」であって欲しいものだ。加藤典洋は遺書のような「9条入門」を残してあの世へ旅立った。この含蓄に富んだ一書から日本の「窮状」を予感し、その隘路を抜け出る示唆を得ることはできないものだろうか。梶井基次郎の「愛撫」から、とんだところへ筆が走ってしまったが、人間にある動物的な直感力は猫の耳のように、遠方からの音に敏感に反応しているのではないか。




プロフィール

masuryuu

Author:masuryuu
仮に「異邦人」としておく。あられもない空想から、科学的「真実」まで、詩、小説、歴史、哲学、政治、経済、趣味等、この世の人事、出来事、万般に、興味を寄せる者の総称とします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード